天草郡牛深町生まれ大阪育ち。たまに帰る牛深のことを綴ります。 ニックネームの「いちまる」は、昔父親が乗っていた船の名前です。

昨日、牛深を昼の12時35分に車で出て、兵庫県に着いたのは0時40分でした。

備忘録的な記事と言うことで、時系列で年末年始にかけての事をアップします。

先ずは、昨年12月26日(土)。
本来は、26日の夜11時ごろに兵庫を出発したかったのですが、仕事が1時間残業となり、しかも洗濯物もいっぱいあったので出発をあきらめました。

12月27日(日)4時30分起床。
洗濯機を乾燥まで設定していたのですが、半渇きだったため、もう一度乾燥することにしました。
ここで、牛深への出発が大幅に遅れました。

8時出発。

高速道路を突き進み、下関を通過したのは13時30分ごろでした。

下関から牛深までは5時間ぐらい。

で・・・暗くなってから、18時40分牛深の家に到着。

すぐに、夕食となりました。
夕食は、いつもの京華園さんで、定食を注文。
京華園さんの2階に団体さんが入っていて、約40分ぐらい待ったかな?

帰宅後、疲れて就寝。

12月28日(月)
父親の診察のため6時出発。
帰宅は14時ぐらいでした。

12月29日(火)
霧島ロイヤルホテルへ一泊旅行
久しぶりの旅行で、父親もちょっとは気が紛れたかな?
10時40分出航の三和フェリーに乗り、15時にホテルにチェックインの予定だったのですが、30分ほど早く着いたので、先に霧島神社へ寄りました。



ホテルの部屋からの景色です。



ホテルの夕食です。


霧島ロイヤルホテルは、温泉もよかったですね。

12月30日(水)
翌日の朝、8時30分にチェックアウトしましたが、また、霧島神社に寄りました。
霧島神社にある神木でしょうか?

とりあえず、朝の新鮮な空気を吸って参拝をしました。








行きは、阿久根から海沿いを走ったのですが、帰りはえびの高原を走ってきました。
三和フェリーからの景色です。快晴でした。

フェリーからのハイヤ大橋です。

牛深に着いてから、船津のAコープへ買い物でした。
駐車場が狭いのが難点ですね。


・・・このAコープの近くにあった、僕が生まれた小さな立石病院も無くなりましたね~。

12月31日(木)
朝から本渡へドライブ。
父親の靴を買いに行って、ついでにユニクロに行きズボンも購入しました。
一度帰宅してから、15時ごろ、河浦の愛夢里へ。
生憎の雨で、しかも駐車場もいっぱいでした。

タオルは2枚ゲットです。


2016年1月1日(金)
朝8時ごろ、牛深八幡宮へ初詣。


お守りを買おうと思ったけどね~。
開いてなかったです。


この後、色々と用事を済ませ、牛深を発ちました。

自分へのお土産として、海彩館の道の駅記念キーホルダーを購入。
緑色とか赤とかあったけど、牛深はやっぱり青かな?

キーホルダーの裏は紺です。


いや、藍色ですかね。

さてさて、今年2日目。
地元の神社に破魔矢と熊手を買いに行こうかな。





Posted by いちまる  at 12:28 │Comments(4)

この記事へのコメント
霧島も行かれたんですね。親孝行‼︎
お父さん 喜ばれた事でしょう。
持つべきものは娘と日頃言ってますが、優しい息子さんですね(^ ^)
Posted by あひるちゃん at 2016年01月03日 20:52
あひるちゃんさん

霧島ロイヤルホテルは、昨年11月20日ごろに予約していました。
年末はどこもいっぱいですね。

特に親孝行をしていませんよ。
母親が亡くなってから18年経ちましたが、亡くなる前に牛深に帰りたがっていましたから、せめて墓だけでも牛深にと思い建てています。

毎年、命日にはお坊さんにお経をあげてもらわないといけないし、父親には、その使命があると思っています。

両親は、牛深から無一文で関西に行き、大阪に家を建てて僕を育ててくれましたからね。

霧島旅行なんて、大した親孝行でないですよ。
Posted by いちまるいちまる at 2016年01月03日 21:06
そうでしたか、でも親孝行ですよ(*^_^*)
私 最悪の娘でしたか最後に父は喜んでくれました。
弟2人は心配も掛けず、それが親孝行だったと思います。私は両親の晩年まで病気をしたりして心配かけましたから~_~;
Posted by あひるちゃん at 2016年01月03日 22:24
あひるちゃんさん

最悪なんてないですよ。
60歳からも健康でもっともっと長生きしてください。
Posted by いちまるいちまる at 2016年01月03日 22:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。