天草郡牛深町生まれ大阪育ち。たまに帰る牛深のことを綴ります。 ニックネームの「いちまる」は、昔父親が乗っていた船の名前です。

朝、テレビで、毎日のように星座占いをやっていますね。
僕は必ず見ます。

世の中には、星座占い、手相占い、人相、姓名判断・・・いっぱいの占いがありますね。

僕は中学生の頃に、占いにハマり、いろんな占い本を読み漁りました。

で、結論。

占いの種類、占い師には、相性があります!

自分に合った占いの種類、占い師を選ぶことが重要ですね。

どうやって占い師との相性を見極めるか。

やり方として、先ず、メモでもなんでもいいので日記をつけます。

※日記を毎日書くことで、文章力もつきますね。小学校の先生で、子供に日記を書かせるのはそのためです。

日々、人間にはバイオリズムというものがあり、その周期も一定に来ます。

※バイオリズム・・・人間には、「身体」「感情」「知性」の3つのバランスがあり、3つの周期があると言われています。
            身体は23日周期、感情は28日周期、知性は33日周期で、その最大公約数は21252日となり、58.2年となります。


ただ!!!!
バイオリズムと言っても「0」となる基準が誕生日なのですよね~。
僕はこれに疑問があります。

帝王切開で生まれた人もいれば、未熟児で生まれた人もいます。
決して、誕生日が「0」でなく、プラスの人、マイナスの人もいると思います。

本題に戻ります。

日記を書くことで、自分の体調や感性、運などが良かった日、悪かった日がわかると思います。
新聞に載っている星座占いや、雑誌に載っている占いでもいいので、過去の日記の内容と照らし合わせてみて、どれが一番合ってたかを確認します。
すると、自分と相性の良い占い師などがわかります。

よく学校で、日本史や世界史を学びますが、何故歴史を学ぶか?ということについて中学生の時に先生から話がありました。
過去を学ぶことで未来を推し量ることができる。


人間の持っているバイオリズムの周期は正確ではありませんが、ほぼ一定に来ます。
だから、大殺界や好機なども一定の周期でやってくると思います。


昨日、1月2日に買った本です。


一応、2冊かったけど、細木数子さんの本を中心に見ていきます。
3年前まで、ずっと買っていたのは細木数子さんの六星占術で、よく参考にしていました。

こういう占いって、真剣に信じてもいけないですから。

ついでに買ったのは、バイク雑誌です。


青春時代に乗っていたバイク、憧れだったバイクの写真を見ると、心も17歳~21歳ごろまでバイクに夢中だったあの時の気持ちに戻ります。


今年は、また心だけでも青春時代に戻り、バイクを楽しみたいですね。







Posted by いちまる  at 21:38 │Comments(2)

この記事へのコメント
自分に良い占いは信じて、悪いのはスルーします(笑)
関係ないですが、子供3人帝王切開です( ^ω^ )
褒める事ない私ですが、3人も帝王切開で産んで
自分を褒めてます(^ ^)
Posted by あひるちゃん at 2016年01月03日 22:05
あひるちゃんさん

悪い占いは、信じないのが一番効果がありますね。
ついてないぁ~なんて思ったら、いつもと違うことをしたりすると良いと言われていますね。
たとえば、自分のラッキーカラーでない色の服や持ち物で出かけたり、自分らしくない言動をするとか。

帝王切開でしたか。
何にしても、無事にこの世に生まれたことは大変いいことですね。
Posted by いちまるいちまる at 2016年01月03日 22:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。